Posts by: IchikawaNaoya

オートバイを軸に、楽しく毎日を楽しむ男女のためのカジュアルWebマガジン「ロレンス」の編集長/二上善則さんに感想を頂きました。ぜひご覧ください。

ボクたちライダーがなぜオートバイに乗り続けるのか・・・

 映画「ROAD」。これは全てのバイク乗りに観てほしい映画だ。
「マン島TTレース」というオートバイレース発祥の地で伝説となったダンロップ家のストーリーである。
日本の多くのライダーにとっては馴染みがあまりないロードレースかもしれないけど、
公道を舞台にしたこのレースはMotoGPなどと違い極めて危険で常に死と隣り合わせの緊張感が伴う。
この映画はボクたちライダーがなぜオートバイに乗り続けるのか、なぜこんなにもボクたちを魅了し続けるのか、ということにひとつの答えを与えてくれる。
究極のレースに挑んだダンロップ家の悲劇と栄光。
リターンライダーにはもちろん、若いライダーたちにも1970年代のファッションとともに観ていただきたい作品だ。

COMMENT」ページでは、その他多くの方のコメントを掲載しております。
ぜひご覧下さい。

Continue Reading

現在、日本におけるマン島TTの第一人者と言える方で、
レースのコーディネートなどもなさっている淺田さんの感想を頂きました。
ぜひご覧ください。

チャレンジする覚悟や凄さ、そして残酷さ。

公道レーサーは命知らずと言われる事が多いが、彼らはレースに向けての準備を万全にし、
リスクや先に起こるかもしれない危険を考えながら走っている。
人生で心の底からやりたい事が見付かる事はそう多くは無いだろうが、もしそれが見付かったら、
それを達成する為に最大の努力をするのは当たり前だろう。
彼らにとって、それが公道レースなのだ。
しかし皮肉な事に、絶対に安全な事なんてこの世に無い。
この世で絶対と言えるものは、全ての人はいつか死ぬと言う事だ。
映画はチャレンジする覚悟や凄さそして残酷さを、ダンロップファミリーを通して伝えられている。
ロバートの息子2人は今や揺るぎ無い公道レース界のトップライダーだ。しかし、ジョイの息子はレースをしていない。
これも各自が選んだ生き様だろう。
生きている限り、毎日何らか多少のリスクはある。
映画を通して命の大切さや、生き方を今一度考えて貰えればと思う。

COMMENT」ページでは、その他多くの方のコメントを掲載しております。
ぜひご覧下さい。

Continue Reading

1978年以来、フリーのモーターサイクルジャーナリストとして二輪業界で活躍する辻 司さんに映画を観た感想を寄稿頂きました。

 

これだけの映画を見た経験は、ほとんどない。

その獣のような挑戦意欲はどこから湧くのか。
作品に派手なハリウッド的エンターテイメントはない。
淡々と事実を重ねていく。それゆえ、観賞後も、ずっと心に残る。
これだけの映画を見た経験は、ほとんどない。
ジョイ・ダンロップは、私と同い年だ。
私がバイクの世界に50年近く身を置くから感じる重さなのか。
いや、若いバイク乗りにも通じると思う。
なぜなら今も男達は公道レースを走り続けているのだから。

「COMMENT」ページでは、その他多くの方のコメントを掲載しております。
ぜひご覧下さい。

Continue Reading